税理士試験は誰でも受けられるわけではありません

税理士への仕事の依頼

税理士の独占業務

税理士にしかできない業務を「独占業務」と言いますが、それには以下の3種類の業務があります。

「税務代理」は、税金の申告を納税者の代理として行う業務です。
「税務書類の作成」は、税金の申告を行う際の申告書を作成する業務です。
「税務相談」は、税に関するあらゆる相談に対応する業務です。
この相談から、業務依頼に繋がることも多くあるため、税理士にとっては営業の場でもあるかもしれません。

これらの他に、上記を専属した業務とする、「顧問税理士」という業務もあります。
こういった契約は、ほとんどが企業とのものになると思いますが、資産家の個人からの依頼も勿論、あるでしょう。
専属契約となるため、信頼関係がとても大切になります。

税理士とのトラブル

お金が関わると、トラブルになりやすいというのは、世の常です。
税理士の業務は、収入に対して支払わなければいけない税金を、いくら申告しなくてはいけないかを算出する必要があるため、こちらの懐事情を全て見られてしまうという状況になります。

お互いの関係性が良好であれば、問題はないでしょうが、少しでもお互いに不信感が出始めると、泥沼化してしまいやすい業務とも言えるでしょう。

また、依頼者側との価値観や考え方の相違がある場合もあり、領収書一つ取っても、経費に当たるかどうかで揉めてしまうといったこともあるようです。

納税という、デリケートな問題を扱うには、お互いの相性の良し悪しの事前チェックも必要かもしれません。


TOPへ戻る