税理士試験は誰でも受けられるわけではありません

学歴と、職歴・資格の何れかが必要です

各科目60点以上、5科目クリアで合格者

試験は、国税庁により年1回、8月に行われます。

それぞれの科目の合格率は、10%から15%程度となっており、優しい試験ではないことがわかります。
最低でも、2年以上の勉強が必要なようです。

合格するまでの勉強時間は、2,500時間から5,000時間とも言われています。
5年計画でも、5,000時間勉強しようとすると、1日2.7時間強は勉強する計算になります。
仕事をしながら、毎日2時間以上の勉強時間を5年間確保し続けるのは、かなりのモチベーションがないと、難しいでしょう。

また、学歴や職歴での受験資格が無い場合は、日商簿記検定一級を取得することから始まりますので、これ以上に勉強時間を確保しなくてはならなくなります。

受験対策の専門学校

税理士試験に合格するためには、独学で、尚且つ単年で、という人は、皆無に等しく、ほとんどが資格試験専門の学校に、仕事をしながら通い、複数年かけて合格しているようです。

勿論、学校には費用がかかるので、お財布との相談も必要になりますが、学校に通うのは必須と言わざるを得ないでしょう。
大まかに言うと、学校に通う必要費として、100万円から200万円程度はかかるようです。
また、合格後の免許登録に25万円程度かかるそうです。

税理士免許を取得するまでには、お金も時間も、気力も体力も労力も必要になるようです。

晴れて「税理士」となる方々は、相当な努力をされているんですね。
免許取得後には、それなりの報酬も担保されていることでしょう。


TOPへ戻る